我輩はプログラマーである

アラフィフ プログラマーの日記

医龍3で伊集院先生がGungleを使ったそうです〜(笑)


こんばんわ〜

昔〜、昔、プログラマーだった頃、Gungleというガンプラ検索エンジンを作りました。

私は小中学生の頃、Hobby Japanを見ながらガンプラ(ガンダムのプラモデル)を作るのが趣味でした。時は流れて、大人になった35歳のときガンプラ熱が再燃し、大人の財力を活かしてガンプラを買いあさったり、エアブラシやコンプレッサー、その他工具を買い、改造をして楽しんでいました。

何でもそうだと思うのですが、やはり、上手なりたいという思いが強くなり、他の方が作ったガンプラを参考にする訳です。しかし、当時のGoogleやYahooを使っても、自分が意図するような作例や製作法を見つけるのは大変でした。

そこで、無いなら作ってしまえ!?ということで、2005年のGWにGungleを作りました。作った当初、クチコミや雑誌に紹介されたりとか、ネーミングがウケて(笑)、まぁまぁのアクセス数を誇っていましたが、時間の経過とともに利用者の興味も薄れ、また私も多忙になり、ここ3年は完全に放置状態でした。

しかし、先週ちょっとした異変がありました。

フジテレビで現在放送中の医龍3(11月18日放送分)で、伊集院先生がGungleを使って同僚の医者(黒木先生)について調べたそうです!もちろん、私の作ったGungleではなく、Googleを同様にパックったものでしたが〜(笑)。

私も医龍3を見ていたのですが、ちょうどそのシーンのとき、Twitterをしていて見逃してしまいました〜(残念)。

しかし、Googleの名前は劇中では使えないにしろGungleとはビックリです。もしかしたら、制作スタッフの中にガンプラ好きの方がいらっしゃったのかもしれませんね〜。そうだったら、ステキですね!

ところで、TwitterでGungleというキーワードがその時間帯でちょっとしたブームになっていましたので、記念にTogetterにまとめました。


医龍3でGungleを使って黒木先生のことを調べたそうです〜